度ありのカラコンをつける前に

カラコンでドーリーアイに…。カラコンが空前のブームとなっているようですが、カラコンにまつわるトラブルは水面下で相変わらず起こっているようです。また、最近では度つきのカラコンも登場してきていますが、果たして、そのようなカラコンは安全なのでしょうか?

コンタクトレンズは高度管理医療機器

コンタクトレンズが医療機器であるということをご存じの方は多いのではないかと思いますが、カラコンもれっきとした高度医療機器で、「高度管理医療機器販売許可」を取得していない業者は販売することができません。つまり、カラコンを購入する際に安全面を重視するのであれば、高度管理医療機器販売許可を取得している業者を見つけ出すことが摂決であるということです。

眼科の重要性について

カラコンを単なるファッションアイテムだと捉えている方の中には、ご自身の目の状態に対して無頓着な方も存在しているのではないかと思います。ですが、前述の通りすべてのコンタクトレンズは高度管理医療機器に属するため、はじめて装着する際には眼科で診察を受け、ご自身の目の状態を把握しておくことが大切です。また、カラコンを含むすべてのコンタクトレンズにはベースカーブという緩やかなカーブがつけられていて、それぞれの目の形によって適したカーブの角度は異なります。これを知らないまま自己判断でカラコンを装着した場合、ご自身の目の形に合っていない場合には思わぬトラブルに見舞われてしまう可能性がなきにしもあらず。安全面を考えるのであれば、カラコン装着の前には必ず眼科で診察を受けておきましょう。